ホーム耐震施工

工場見学

弊社では、『強固な基礎づくり』とさまざまな『アイテムを使った耐震対策』を実施し、地震に強いお墓づくりを心がけています。

   

土工事

基礎を造るための空間を確保します。深さ250mm~300mm厚

  栗石敷き
重量を分散させるため栗石を120mm厚に敷き詰めます。栗石は100mm~150mm大の建設用栗石を使用します。
  砕石敷き
栗石の隙間を埋めるため、さらに細かな砕石を50mm厚で敷き詰めます。
         
   
転圧作業
基礎を固定させるために転圧します。
  鉄筋の組み上げ
コンクリートを流し込むための外枠を設置し、鉄筋をメッシュ状に組み上げます。
  生コンクリート打ち
鉄筋の上からコンクリートを流し込みます。コンクリートを流し込んでから数日おき、基礎が固まってから上に墓石を積み上げます。

   
コーナー接着作業
石材用のエポキシ系接着剤を使用して石材を固定します。
  コーナーステンレスくさび取付
あわせ面に十字の切れ込みを入れ、くさびを差し込みます。さらにセメントでそれを埋め込みます。
  ステンレス金具取付
コーピンと呼ばれるカロートの最上部に据付けられる石にはL字型のステンレス金具を取り付けズレを防止します。
         
    墓石鉄筋棒

石碑の固定

石碑の据付には、エポキシ系接着剤とセメントを使用して固定します。

  石碑の据付
専用のクレーンを使い、接着材がついた石の上の正確な位置に慎重に据付ます。
  金具棒の挿入
墓石に金具棒を刺すことは宗教上タブーとされている場合がありますが、ご依頼があれば取り付けることができます。